合格返金保証付き★先着20名様★平成29年度に完全対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!
2017年01月09日

【社労士試験の難易度は?】合格後の就職転職に、最短時間で合格を

社労士試験は、「難易度」が高いと言われているからこそ
勉強するべきもの、挑戦するべき資格になっています。

あなたに少しでも早く社労士になって活躍していただくべく、
最短距離で試験を突破できる学習法についてお話したいと思います。

試験に受かる事がゴールでなく
その先の仕事に就く事が、仕事で活躍する事が目標となっているはずです。

home_title2.jpg


社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法 〜独学でも最短合格可能な完全プログラム〜

そのため、「難易度」が高い社労士試験も
合格さえすれば、合格ぎりぎりでも
合格してしまえばいいだけ。

その先の「社会保険労務士 求人」について
就業して、今後の仕事として「社会保険労務士」として活躍したいですね。

最短距離で、まず最初のハードルを突破します。

初学者が半年間の独学の勉強で「社労士試験」一発合格できる方法
ただし、この方法は現行の社労士試験の“特殊性”に注目し、「合格」だけを
目標とした方法です。

社労士として活躍するには、合格後の研鑽が不可欠ですので予め理解しておいてください。
 
 個人的には、重箱の隅をつつくような現行の試験制度の改革を願っている一人ではありますが、
すぐには叶わないでしょう。

そこで、あなたに少しでも早く社労士になって活躍していただくべく、
最短距離で「社労士試験」を突破できる学習法についてお話したいと思います。

「平日の朝1時間、夜1時間半の勉強」で半年後には合格可能、と聞いてどう思われますか?

“それは無理でしょう!?”というのが正直なところかもしれませんね。

休日はもう少し時間を増やしていただく必要はありますが、
合格ラインを突破することは可能なのです。

しかも、「初学者が独学でも」合格可能な実力をつけることができます。


この勉強法について触れる前に、まずあなたに質問があります。

あなたは社労士試験に合格するために何時間勉強する必要があると思いますか?


一般に多くの講師は“合格するには1000時間前後の勉強が必要”と受験生に伝えることが多いようです。

仮に半年で合格しようと思った場合、
「1日に5時間半の勉強」をしないと1000時間をクリアできません。

もちろん仕事をしながらこの勉強時間を確保するのは不可能でしょう。

 つまり、スクールで普通に指導される勉強法では
仕事で忙しい社会人には短期合格は不可能ということになりますね。

「難易度」が高い代名詞の「社労士試験」ですが
社労士試験の合格ラインは7割です。

満点を目指すのでなければ、1000ページにもおよぶ基本書を丸ごと覚える必要はありません。

後でお話ししますが、社労士試験の問題を分析すると、出題分野・項目には明確な傾向や偏りがあります。

私からみると、基本書を満遍なく押さえていくというのは、試験にほとんど出ないと予想できる部分に対しても等しく労力と時間を掛ける効率のよくない勉強法です。

 だから、合格という観点からは、
“無駄”な部分が多いし、とても“負荷のかかる”勉強法と言えます。

 1000ページにもおよぶ基本書をすべて覚えようと思ったら、たしかに1200時間ぐらいは必要かもしれません。

しかし、私たちプロの講師の仕事は、
受験生の負荷をギリギリまで減らしながら十分合格できるだけの勉強量のラインを提示することだと思ってます。

私が「19年間の指導経験」と「徹底的な試験問題の分析」から確立した半年合格プログラムでは、これほどの勉強時間は必要ありません。

仕事が忙しい平日でも朝1時間、夜1時間半の勉強で合格ラインを突破できるプログラムを組んでいます。(※朝が忙しければ夜まとめて勉強でも可。尚、休日はもう少し時間を取ります)

もちろん、初学者が独学でも合格ラインを突破できる実力を付けられる勉強時間、という前提です。

そして、私の言う通りの勉強法を実行した受験生は、
実際にそれぐらいの勉強でも合格しています(法律の知識ゼロから始めたOLさんでもそうです)。

常識で言われている「半分以下」の勉強時間でも社労士試験に合格できるのです。

“スクールに通わなければ社労士試験合格はかなり難しい”
・・・という根拠のない常識があまりにも世の中に流布あるいは常識化されているので、
スクールの現実もお伝えした方がフェアだと考え、内部事情を少しだけお話ししました。


真実は、
社労士試験は得点に直結する勉強のやり方を
知っていれば独学でも十分短期合格が可能なのですから。

あなたが既にスクールに通っていたとしても、スクールで言われることの全てを鵜呑みにせず、
試験に出るポイントに絞って学習し(その方法については後で触れます)、
とにかく遠回りせず最短距離で合格していただきたいと思います。

逆に言うと、この試験の怖いところは、最短距離を意識して走らないと、
いくらでも遠回りできてしまうところです。

home_title3b_nashi.jpg



社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法 〜独学でも最短合格可能な完全プログラム〜

「社労士試験」の試験勉強時間を見極めます
他の受験生より勉強時間を半分以下で済ませようとしたら、
「どこを覚えるか」そして「どう覚え、いかに得点するか」を戦略的に徹底して行う必要があります

まずは、「どこを覚えるか」に関わる話をしましょう。
念のため、出題予想について言えば、
“ヤマを張る”といったリスクの高い対策は論外です。

あくまでも「論理的に正しい出題予想」をする必要があります。

私はもともと分析をすることが好きで、社労士試験の講師になる前は経済専門のシンクタンクに
勤めていたこともあります。

 A4たった1枚分の業界分析レポートに対し、100万円ものフィーをいただくような付加価値の
高い調査や情報分析を行っていました。

私は「分析の専門家」として仕事をしてきましたが、
シンクタンクで培った分析のスキルは社労士講師になってからも大いに役立っています。

試験を攻略するためには、どのような問題が出題されるかという一定のルールを見出すことが
とても重要なことだと思っています。
 
 こんなエピソードがあります。
 
大手資格スクールで、私がある難関資格試験の講師をやっていたときのことです
(*司法試験に準ずる法律系の超難関資格試験です)。
 
模擬試験の問題を作るにあたり、過去に本試験で出題された問題の分析を私は徹底的に行ってみました。

その試験は記述式が難しいと言われていたのですが、
分析した結果、私はあるルールを見つけることができました。

端的に言うと、どこから記述式の問題が出されるかというルールを発見したのです。
posted by 勉強法ノウハウ集 at 06:45 | 社労士試験を独学で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
行政書士、社労士に連続1発合格した勉強法ノウハウ集
中小企業診断士 通勤講座
たった75日で宅建に一発合格
貸金業務取引主任者 合格マニュアル
ケアマネ試験対策 CDセミナー【2009年】